• TOP
  • 導入実績

2018.01.12

事例紹介

株式会社武田重機建設様 GR700N 現地調査

2017.11.24 和歌山県白浜市にて

 

株式会社武田重機建設様 タダノ製GR700Nへの吊荷監視カメラ取付の下見を行いました。

 

RIMG2689

 

昨年12月に販売開始したばかりの「ラフテレーンウォッチャー」です。

クローラークレーンやタワークレーン向け吊荷監視カメラのラフテレーンクレーン向け小型吊荷監視カメラです。

いち早くご用命をいただきました!

 

カメラ設置用サポート金具類の設置箇所を決めるため白浜市の現場へ伺わせて頂きました。

白浜大浜海水浴場の近くで今の季節はとても寒く、体がすごく震えました。(笑)

 

冗談はさておき、早速寸法を測っていきました。

メインブームの金具設置箇所の採寸が終わり3段油圧ジブのオートリール設置箇所を

確認しようとしたときに問題が発生しました!

 

現場の関係でクレーンの3段油圧ジブが折り畳めず設置箇所の確認が

できなかったのです…(写真ではわかりにくいかもしれませんが)

営業担当者の打ち合わせミスですね。(笑)

 

オペレーターさんと相談し、後日お客様のヤードにて再下見を行うことにしました。

 

IMG_4753-1

 

翌週、3段油圧ジブの下見を行いました。

ジブを折り畳んでいただき、オートリールの設置箇所を決めます。

メインブームとオートリールが干渉しないかの確認を行い設置箇所の確定をしました。

写真のように、段ボールをオートリールに見立てました。(笑)

 

お客様と打ち合わせて設置箇所を確定させ、実機の設置箇所の寸法を測り現地調査は完了です。

 

IMG_4759

 

帰社後、すぐにCADソフトで製図を行います。

製作した図面を基に、協力会社に金具の製作依頼をします。

数日後、金具が納入されてきました。

一つずつ検品していき、寸法間違いがないかをチェックします。

 

本来はチェックが終われば設置作業へ行くのですが、今回はお客様にて塗装や

溶接をして頂く金具がある為、お客様先へ出荷しました。

下見作業はここまでで完了です。

あとはお客様の塗装・溶接を待つのみ!

 

RIMG2699-2

↑溶接依頼する指定の箇所の写真です。(赤丸で囲っているのがラフテレーンウォッチャーです。)

 

次は設置作業です!

近日中に伺う予定ですので、その様子はまたご紹介させていただきます。

次回もまたご覧くださいますようお願い致します!

 

 

株式会社武田重機建設様、ラフテレーンウォッチャーの下見作業にご協力いただき

ありがとうございました。

 

報告者:長尾