• TOP
  • 導入実績

2017.04.13

事例紹介

相馬港湾運送株式会社様 SCX700-2(ハイキャブ仕様)

2017.3.27 福島県相馬市にて

相馬港湾運送株式会社 日立住友重機械建機クレーン製SCX700-2(ハイキャブ仕様)

吊荷監視カメラの取り付けを行いました。

 

(相馬港)

 

今回、カメラを取り付けをさせて頂いた機種は港湾での作業に特化した

運転席が高い位置にあるめずらしい車両になります。実車は私も初めて見ました。

見慣れない位置に運転席があり、すごい不思議な感じがします。笑

 

 

ではなぜ、運転席がこんな高い位置にあるのか、疑問に思いますよね?

その理由は港に入ってきた作業船から積荷を降ろす際に、通常の運転席の高さでは

低すぎて船の甲板が見えにくいためです。

 

(運転席からの景色)

 

また、運転席から甲板(下)を見下ろしながらの作業となるため

カメラ用モニタも視界を遮らないように通常は13インチのモニタを取り付けるところを

相馬港湾運送㈱様からのご要望で8インチのモニタに変更しています。

 

今回、初めてこの機種にカメラを取り付けさせて頂き、通常のクレーンとは構造が違う部分が多く、

ケーブルの取り回しなど色々と勉強させて頂きました。

 

 

今後も港湾系の車両にカメラを取り付けする機会が増えると思いますし

扱える機種の幅が広がるので良い経験になりました。

 

相馬港湾運送株式会社様 日立住友重機械建機クレーン株式会社様

この度はカメラ取り付けのご依頼を頂き、ありがとうございました。

 

報告者:山﨑