• TOP
  • 導入実績

2021.08.20

事例紹介

愛知海運産業株式会社様 KA-1100R

2021年3月某日 愛知県田原市にて

 

いつも弊社HPをご覧いただきありがとうございます。

㈱MKIの小西です。

 

今回は、愛知海運産業株式会社様の「KA-1100R」へ吊荷監視カメラ(HEC-981)を

取り付け致しましたので、その様子をご紹介します。

 

KA-1100Rは令和元年9月ごろリリースされた、最大吊り上げ能力110tのクレーンです。

純国産の非分解型オルターで、ブームを取り付けた状態で公道を走行できるのが特徴だそうです。

 

私が入社した16年前は、タワークレーンやクローラークレーンに対して

吊荷監視カメラを販売が少しある程度でリースがほとんどでした。

オールテレーンクレーンに対しては、吊荷監視カメラをつけることは、ほとんど無かったです。

 

 

オールテレーンクレーンに吊荷監視カメラを付けることが年々増えてきています。

とはいえ、後付けで取り付けることが多く、部品設置のための金具を設計する必要がありました。

 

今回のKA1100Rにはクレーンメーカーさんから出荷される際に

すでにカメラ部品用の土台金具がついていました。

 

いよいよオールテレーンクレーンも吊荷カメラが当たり前に必要になってきている証拠ですね。

 

こちらは、子フックのシーブを格納している写真ですが、カメラを取り付けるための金具を着脱式にすることで

親フックだけでの作業やジブでの作業時もスムーズに行うことができるようにしています。

シーブと金具の距離感が絶妙じゃないでしょうか!笑

 

すでに金具がある状態だと、工数も減り作業効率が上がりますね!

 

少し頭が見切れていますが・・・

操作レバーの傍にコントローラーをモニターは正面に取り付けし

映像試験とケーブルの引き出し試験とジブ使用時にケーブルが干渉しないか?

を確認し、作業は完了しました。

 

最後に

MKIとして、KA-1100Rへの吊荷監視カメラ取り付けは初めてということで

至らない点が多々あったと思いますが、愛知海運産業株式会社様のお力添えもあり

無事に取り付けすることができました。

 

この場をお借りして感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

報告者:小西