• TOP
  • 導入実績

2021.10.10

事例紹介

株式会社ソーキ 福岡営業所 様 クレーン船

いつも弊社HPをご覧いただきありがとうございます。

福岡営業所の武富と申します。

 

株式会社ソーキ福岡営業所様より弊社にご連絡があり、8月下旬に博多湾に停泊しているクレーン船にレンタル吊荷カメラを取り付けいたしました。今回は、その様子をご紹介します。

今回取り付けるクレーン船はこちらです!

写真の通り、とても大きいクレーン船になります。動く要塞のようで、見ていると少しワクワクいたします!(笑)

次に取り付けの様子をお伝えします。

 

【設置作業の様子】

船上での作業になりますので、フルハーネス・ライフジャケット装備で安全に作業を遂行いたしました。

因みに私は泳ぎが得意ではございませんので、ライフジャケットを装備し安全だと分かりつつも震えながら作業をいたしました。(笑)

 

【カメラ本体】

クレーン船にはカメラ取り付け金具用のベース金具がついておりましたので、そちらを利用しカメラを取り付けいたしました。

※なお、このようなベース金具がなくともカメラを取り付けることも可能です。

 

【モニター】

モニターは運転席内の左側に設置いたしました。

今回は運転席内にある金具を利用し取り付けしております。

 

【コントローラ】

コントローラは操縦しやすいよう、クレーン船の操作レバー付近に設置しております。

マグネット仕様なので、どこにでも設置出来ます。

よくオペレーターの方からは「コントローラーはマグネット仕様だから、どこにでも置くことが出来て、使い勝手が良い!」とお褒めの言葉を頂きます。(笑)

 

【設置作業後の動作確認】

 

最後にオペレーター様にブームを起こして頂き動作確認をしました。

映像、ズーム・パンチルト操作等問題なく動作出来ております。

 

~あとがき~

当日は気温も高く、熱中症に気を付けながらの作業になりました。

全集中し、黙々と作業を行っていると・・・・

 

クレーン船を保有している会社様より飲み物の差し入れを頂きました。

潮風で乾いた喉が潤い、体力も回復し、予定より少し早く作業を終わらせることが出来ました。

お気遣い頂き感謝です!

 

 

また、福岡営業所は周辺に港が多いということもあり、クレーン船へのカメラの取り付けが多いのですがカメラ本体に錆が出ることがあっても、カメラケーブルが腐食したり動作不良が起きたり等が一切ございません。

オペレーター様やお客様からも「クレーン船はカメラの不具合が起きると対応が大変だから、協立のカメラは不具合がないので助かる!」との声をよく頂きます。

そのような声を頂けると、とても嬉しく思います!

 

最後になりますが、株式会社ソーキ様、クレーン船保有の会社様、この度は弊社吊荷カメラの採用と取り付け時にご助力頂きありがとうございます。お陰様でスムーズかつ綺麗に取り付けを完了させることが出来ました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

福岡営業所 武富