ブランドストーリー Brand Story

危険を安全に変える仕事

日本の建設現場で、あるいは海外の建設現場で
協立の重機用カメラは働いています。

1988年、工事現場の死角を無くすという決意のもとに
誕生したクレーン用吊荷監視カメラ。

それは業界初の画期的な製品となり、
現場の安心安全に大きく貢献しました。

商品写真 商品写真 商品写真
大人と子供が手をつないでいる写真

創業より脈々と受け継がれているものは、
現場で働く世界中の人々の安全を実現し、
家で待つ家族の幸せを守りたい、という強い想い。

高所作業、資材運搬、多数の工事用車両が同時に動くなど
思わぬ事故が起きる危険が無数に潜んでいる建設現場。
その危険を安全に変えるために
私たちは取り組み続けています。

協立は、安心安全を重機用カメラという形に変えて、
これからも現場と皆さんの幸せを守ってまいります。